【ヤクルト】巨人から移籍の田口が入団会見「転校生の気分」「高津監督を男にしたい」

巨人戦前にチームメートへのあいさつを済ませたヤクルト・田口は高津監督とポーズを決める
巨人戦前にチームメートへのあいさつを済ませたヤクルト・田口は高津監督とポーズを決める
キャッチボールをする田口麗斗
キャッチボールをする田口麗斗

 巨人からヤクルトへトレード移籍した田口麗斗投手(25)が3日、巨人―ヤクルト戦(東京D)の試合前にオンラインでの入団会見に臨んだ。

 試合前練習では、ヤクルトのユニホームに初めて袖を通して練習。新天地での初練習を「新しい生活が始まったなと感じ。転校生の気分でいます」と笑顔。新しいユニホーム姿については「予想より似合っていたので、すごく晴れやかな気持ちでいっぱい。皆さんに『本当に今日から来たの?』という声をいただいたので、もしかしたら結構前からいたのかもしれないですね」とおどける場面もあった。

 ヤクルトは、昨季12球団ワーストのチーム防御率4・61と低迷するなど投手陣が課題。高津監督からは先発ローテーションの一角として期待を寄せられており、「ここ数年は納得いく数字も残っていないし、1軍にい続けるということができなかった。今年はなんとか最後までローテーションに入って、ジャイアンツの連覇を阻止して優勝したい」と力強く宣言した。

 また、高津監督とは同じ広島県の出身という縁がある。練習開始前にはチームメートの前で指揮官と並んで写真撮影も行い、「同じ広島出身の方でもありますし、すごく縁を感じる出会いができた。高津監督を男にしたいなと思いました」と、新天地での活躍を誓った。

巨人戦前にチームメートへのあいさつを済ませたヤクルト・田口は高津監督とポーズを決める
キャッチボールをする田口麗斗
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請