馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 新潟

【金鯱賞・1週前追い切り】デアリングタクトが順調アピール 松山「いい内容」

松山弘平が騎乗し、CWコースでベレヌスと併せて追い切られたデアリングタクト(右)
松山弘平が騎乗し、CWコースでベレヌスと併せて追い切られたデアリングタクト(右)

 金鯱賞・G2(3月14日、中京・芝2000メートル=1着馬に大阪杯の優先出走権)で始動する昨年の3冠牝馬デアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)が3日、栗東・CWコースで1週前追い切りを消化した。

 松山弘平騎手が騎乗して、ベレヌス(4歳3勝クラス)と併せ馬。6ハロンで5馬身追走し、4コーナーは僚馬の外へ。鞍上が軽く促すと素早く加速して差を詰め、並んでゴールした。

 松山騎手は「1週前ということで、ある程度は負荷をかけました。(余分な力が)抜けていて、先週あった力みは感じませんでした。(成長という意味で)大きく変わっていませんが、疲れも取れて、リフレッシュできていますし、いい内容だったと思います」と問題のない仕上がりにうなずいた。

 杉山晴調教師も「先週はテンションが上がっていましたが、今日はフラットワークの段階から落ち着きがありました。重い馬場でも最後まで脚を伸ばせていたし、いい状態でレースを迎えられそうです」と納得の表情だった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請