【札幌】先発総入れ替えでルヴァン杯開幕戦…小野伸二や高卒FW中島大嘉ら中心

MF小野伸二
MF小野伸二

 J1北海道コンサドーレ札幌は3日、敵地でルヴァン杯開幕・福岡戦に臨む。リーグ開幕・横浜C戦(2月27日、5〇1)から中3日の一戦へ、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)は、先発総入れ替えの“ターンオーバー”を示唆。チーム最年少の高卒FW中島大嘉(18)=長崎・国見高出=ら、復帰組含む新加入7人の同時起用も視野に入れながら、勝ち点3奪取と底上げの両立を狙っていく。

 フレッシュ札幌で勝利を目指す。2日はキャンプ中の熊本で練習。福岡を想定した練習の中心はリーグ初戦メンバーでなく復帰・新加入組だった。ペトロヴィッチ監督は「戦術理解は皆、深まっている。でも公式戦は違う。いかにそれを出すか見るいい機会だ」とターンオーバーを視野に入れた。

 チーム数増加で昨季以上に序盤から過密日程が続く今季。札幌もリーグ開幕から中3日、続くリーグ名古屋戦(6日、豊田ス)まで中2日と敵地での戦いが続く。指揮官は「私も選手も2年前の決勝(19年、対川崎)で敗れた悔しさは忘れていない」とルヴァン杯も勝つ姿勢を強調しつつ「チームとして勝利を目指す」と言った。今季J1復帰し下克上に燃える福岡は難敵だが、それゆえに底上げを図る絶好機でもある。

 法大卒の中野小次郎(21)、J2新潟から加入の大谷幸輝(31)が争うGKこそ先発1枠も、JFL・ホンダFCから戻ったDF中村桐耶(20)、MF小野伸二(41)の復帰組含め、今季加入組が最大7人同時出場もある。J開幕戦ベンチ入りも出場のなかったMF青木亮太(24)は「悔しかった。持ち味を発揮し、リーグ戦も絡みたい」とハングリーさをむき出しにした。青木、DFの岡村大八(24)、柳貴博(23)ら新戦力が活躍すれば競争も活性化する。

 最年少は18歳FW中島。ルヴァン杯で高卒デビューなら豪州1部期限付き移籍中の19年FW檀崎竜孔(20)以来だ。「若い選手にスーパープレーなど期待しない。恐れず、やってきたことを発揮してほしい」とミシャ。真の強豪となるために、札幌は内容と結果の双方を求めて戦っていく。(川上 大志)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請