伍代夏子、けいれん性発声障害を公表 2年前から喉の違和感訴え「歌だけでなく、普段の会話も困難な状況続く」

喉のジストニア(けいれん性発声障害)を公表した伍代夏子
喉のジストニア(けいれん性発声障害)を公表した伍代夏子

 歌手の伍代夏子(59)が喉のジストニア(けいれん性発声障害)を患っていることが2日、分かった。公式サイトで明かした。けいれん性障害は、声帯の筋肉が異常な緊張を生じることで、声が出にくくなる病気。

 所属事務所のボイスミュージックは、伍代の病状について「2年前から喉の違和感を訴え、歌だけでなく、普段の会話も困難な状況が続いておりました。様々な検査や治療を施して参りましたが改善されず、最終的に『喉のジストニア』(けいれん性発声障害)であるとの診断を受けました」と説明。今後について「完治に向けて全力で治療に取り組んでおり、『できる仕事は続けていきたい』という本人の強い希望のもと、その時々の症状とうまく付き合いながら、可能な範囲でのお仕事を続けていく次第です」とつづった。

 ◆けいれん性発声障害 声帯の筋肉が意志と無関係に収縮することによって、声が「途切れる」「震える」「かすれる」などの症状が起こる難治性の病気。全身または身体の一部にねじれ、硬直、けいれんなどが生じる運動障害のジストニアの一種と言われている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請