女子ゴルフ・笠りつ子が1バーディーにつき1キロのお肉をフードバンク熊本に寄付へ

インスタグラムでフードバンク熊本へのお肉の寄付を明かした笠りつ子(@ryuritsukoより)
インスタグラムでフードバンク熊本へのお肉の寄付を明かした笠りつ子(@ryuritsukoより)

 女子プロゴルフツアー通算5勝の笠りつ子(33)=京セラ=が1日、自身のインスタグラムを更新し、今年から1バーディーにつき1キロのお肉をフードバンク熊本に寄付し、熊本市子ども食堂プロジェクトに参加することを明かした。

 熊本県出身の笠は「私は小さい頃から父が経営するゴルフ場で母が作るおいしいご飯を坂田塾の門下生と大人数で食べていました。

 食事で幸せな気持ちになれる事を知っているからこそ、子どもたちにおいしいご飯を食べてもらい、元気に過ごしてほしいという思いから、支援していきたいと考えるようになりました。

 多くの人に子ども食堂の現状を知ってもらい、支援の輪を広げるため、プロゴルファーとして何ができるかと考えた時に、ただ支援金を送るだけではなく、ゴルフを通じて成績を残す事でより多くの人に知ってもらい、自分自身もゴルフを頑張る理由として、少しでも子どもたちの笑顔に携われる事に誇りを持って、この活動を進めていければと考えています」とコメントした。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請