【北海道コンサドーレ札幌・DF福森晃斗独占手記】1万1897人サポの応援本当に力になった

前半、ドリブルで持ち上がる福森
前半、ドリブルで持ち上がる福森

◆J1第1節(27日、札幌ドーム)札幌5-1横浜C

 プロ生活でホームで開幕戦を迎えたのは、僕にとっては初めてのこと。アップの時は5000人くらいかなと思っていたが、入場したら席が埋まっていて。拍手や太鼓での応援は本当に力になった。サポーターのありがたみを改めて感じる戦いになりました。ありがとうございます。

 その中で快勝できたのはうれしいことだけど、もっと点を取れたというのが本音。極端に言えば10対0で勝てるくらいの感じはあったし、今年はそのレベルを常に求めなきゃいけないと思っているので。まだ38分の1が終わっただけ。このチームならもっと出来るだろうという思いでいます。

 チームにとって、ミシャさん(監督の愛称)の存在はやっぱり大きかったなと。22日にチームに合流した日、夕食前に1時間半のミーティングがあった。キャンプ中の実戦の映像を見ながら「自分が考えるサッカーが出来ていない」と途中から立ち上がり、杖で画面を指しながら指示を出し始めて。めちゃお腹がすいたなあ。

 その中で自分も名指しでポジショニングを指摘された。ボールが回らない時に中に入ったりしてた場面を「違う」と。それもあって、横浜C戦ではボランチの(宮沢)裕樹さんに中を任せて、自分はワイドの位置にいるようにした。ほぼフリーで前を向けたし、関係性は良かったと思う。

 ミシャさんの指示は怒鳴ってる感じなので、身が引き締まるけど、うちにはそういう監督が合っているなと。手術した左足でボールを蹴る姿を見たら、しっかりやらないとと思いますよ、そりゃ。今日、試合中に座ったのは知ってましたよ。これからも少しでも安心して見てもらえるような試合をしないといけないし、それが出来るだけの選手層の厚みも今年はあるので。去年、アウェーで0―3で完敗した次(リーグ第2節)の名古屋戦が真価を試される時。しっかり準備して皆さんの期待に必ず応えます。(北海道コンサドーレ札幌DF福森晃斗)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請