鈴木健吾のマラソン日本新記録に瀬古利彦リーダー「1億円あげたいけど、そんなに持ってない」

瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー
瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー

 一般参加の鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。日本人初、アフリカ出身以外でも初の2時間4分台で、昨年3月の東京で東京五輪代表の大迫傑(29)=ナイキ=がマークした2時間5分29秒を33秒更新。36キロ過ぎに一気にスパートすると大会記録も1分17秒塗り替えた。2024年パリ五輪を目指す25歳が、最後のびわ湖路に花を添えた。大会は大阪マラソンと統合され、22年からは大阪に舞台を移す。(曇り、気温7度、湿度57%、東北東の風1・2メートル=スタート時)

 日本陸連がレース後に会見し、尾県貢専務理事は「全てが感動だった。鈴木選手は、今までの日本人では信じられないレースをしてくれた」とねぎらった。瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「4分台が出るとは夢にも思っていなかった。日本の歴史を変えたレースになった」と絶賛。報奨金制度は昨年終了しており「1億円あげたいけど、俺そんなに持っていないから」と冗談めかした。

 鈴木は東京五輪には出場できないが、3年後の24年パリ五輪に向けては有力な存在に躍り出た。瀬古リーダーは「自分でペースが作れる心の強いランナーだと思う。パリの有力な第一候補だと私はみています」と期待を隠さなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請