マラソン前日本記録保持者となった大迫傑が新記録達成の鈴木健吾を祝福

スポーツ報知
大迫傑

◆びわ湖毎日マラソン(28日、滋賀・大津市皇子山陸上競技場発着=42・195キロ)

 鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。大迫傑(29)=ナイキ=が持っていた2時間5分29秒の従来の日本記録を33秒更新した。土方英和(23)=ホンダ=が2時間6分26秒の日本歴代5位の好記録で2位に続いた。プロランナーの川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=は2時間7分27秒で10位と健闘。2013年にソウル国際でマークした2時間8分14秒の自己ベストを8年ぶりに更新した。

 日本人選手初のマラソン2時間4分台突入を果たした鈴木に対し、前日本記録保持者となった大迫傑が自身のツイッターで祝福した。

 「鈴木健吾くん、関係スタッフの皆様日本記録おめでとうございます! 設楽に日本記録を更新された時もそうだけど悔しく思うし、もっと僕も頑張らないと!とモチベーションになります!」(原文まま)。

 また、大迫自身は2度、日本記録を更新し、日本実業団陸上競技連合などから、1億円の褒賞金を2回も得たが、褒賞金制度は昨年3月末で終了。大迫はツイッターで「今回は報奨金が出ずで残念だけど、何か力を合わせて日本陸上界の為に出来ることを考えていきたい! 健吾くんが何も求めるかによるけど、僕らにも出来ることは沢山あると思う」(原文まま)と鈴木に呼びかけた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請