好投手そろうセンバツ最大の“穴馬”に福岡大大濠の毛利を指名

センバツでの活躍を誓う福岡大大濠・毛利(福岡市の福岡大大濠グラウンドで)
センバツでの活躍を誓う福岡大大濠・毛利(福岡市の福岡大大濠グラウンドで)

 以前、競馬記者として予想をしていた時は「穴党キャラ」を前面に出していた。ピックアップした伏兵が本命馬を倒して1着ゴールを決めることが、一番の喜びだった。

 取材の対象がアマチュア野球になっても、魅力のある“穴馬”との出会いが楽しい。3月19日に開幕するセンバツ高校野球大会(甲子園)。好投手がそろい、小園健太(市和歌山)、松浦慶斗、関戸康介(ともに大阪桐蔭)、畔柳亨丞(中京大中京)が「BIG4」と称されているが、負けないだけの潜在能力を持つ投手が九州にいる。福岡大大濠の毛利海大(いずれも新3年)だ。

 滑らかで美しいフォームから、体重が乗り指先にかかったボールを投げ込むサウスポー。「右打者の内側に投げるクロスファイアーの真っすぐは、打たれない自信があります」と言い切る。

 1学年上の投手に、昨秋のドラフトでオリックスから1位指名を受けた最速153キロ右腕・山下舜平大がいた。周囲の誰もが練習に対する姿勢を評価する先輩の背中を見て、野球への取り組みが変わったという。

 「中学までは意識が高くなくて、努力するのが嫌いな方でしたが、山下さんの存在で気持ちを動かされました。自分で考えて貪欲に努力する姿勢は、今も参考にしています」。山下が飛躍的に球速を伸ばしたのは、3年になってから。現状の毛利の最速は140キロだが、「球速は上がっていると思います。甲子園では145キロくらい投げなければ勝てませんからね」と基礎体力の強化に努めている。

 将来の目標は、もちろんプロだ。「行けるのであれば、高校から行きたいです」と山下の姿に自分を重ねる。「騒がれている投手を倒して、もっと名前を売りたいです。勝てる投手になって、究極のエースを目指します」。ストレートに夢を語る気持ちの強さも含め、注目投手の「◎」に推したい。

(記者コラム・浜木 俊介)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請