鈴木健吾がマラソン日本新…神奈川大時代の恩師の大後栄治監督「将来、日本記録を出すと思っていました」

スポーツ報知
35キロ過ぎを駆け抜ける鈴木健吾(中央)ら先頭集団

◆びわ湖毎日マラソン(28日、滋賀・大津市皇子山陸上競技場発着=42・195キロ)

 鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。大迫傑(29)=ナイキ=が持っていた2時間5分29秒の従来の日本記録を33秒更新した。

 土方英和(23)=ホンダ=が2時間6分26秒の日本歴代5位の好記録で2位に続いた。プロランナーの川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=は2時間7分27秒で10位と健闘。2013年にソウル国際でマークした2時間8分14秒の自己ベストを8年ぶりに更新した。

 日本人選手初のマラソン2時間4分台突入を果たした鈴木は神奈川大時代から学生トップランナーとして鳴らした。3年時には箱根駅伝でエース区間の2区で区間賞を獲得。4年時は全日本大学駅伝で最終8区で大逆転し、神奈川大を20年ぶりの優勝に導いた。

 神奈川大時代の恩師、大後栄治監督(56)はスポーツ報知の電話取材に応じ、祝福と喜びの声を寄せた。

 「昨年の夏、菅平合宿(長野県)で一緒になりました。上半身と下半身の動きのバランスが良くなっていました。元々、スタミナはありましたが、さらに効率よくスピードが上げられるようになったと思います。もちろん、今日、テレビの前で応援していました。30キロ過ぎても、まだ、足(の余裕)が残っていることが分かりました。終盤の走りは見事でした。私は今まで神奈川大で約700人の選手を見させてもらいましたが(鈴木)健吾は一番能力があって、一番努力ができる選手でした。学生時代から、将来、日本記録を出す選手になると思っていました。心から祝福します。おめでとう。神奈川大の現役学生も元気づけられます」

 ◆鈴木 健吾(すずき けんご)

 ▽所属 富士通

 ▽年齢 25歳

 ▽生まれ&サイズ 1995年6月11日、愛媛・宇和島市。163センチ、46キロ

 ▽陸上歴 小学生から始める。宇和島東高3年時に全国高校総体5000メートル10位

 ▽大学 2014年に神奈川大に進学

 ▽箱根駅伝 1年6区19位、2年2区14位。3年2区1位。4年2区4位

 ▽主将 神奈川大時代は3年から務め、2年間、主将を務めた

 ▽好物 愛媛特産のみかん。「止まらなくなるほど食べます」

 ▽父もランナー 父・和幸さんは宇和島南高3年時に全国高校駅伝出場

 ▽自己ベスト 5000メートル13分57秒88、1万メートル27分49秒16。ハーフマラソン1時間1分36秒

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請