【ソフトバンク】石川柊太、3回無失点…高橋礼や和田も好投 V4王者に大崩れの気配なし

3回無失点の好投をみせた2番手・石川柊太
3回無失点の好投をみせた2番手・石川柊太

◆練習試合 オリックス1―0ソフトバンク=特別ルール=(27日・SOKKENスタジアム)

 ソフトバンク・石川柊太投手(29)が収穫たっぷりの再発進だ。27日、オリックス戦(SOKKEN)で対外試合初登板。3月26日のロッテ戦(ペイペイD)で初の開幕投手を務める右腕が、3回1安打無失点と危なげなく仕事をした。

 「きょうみたいな投球の感覚を続けていけば、自信や気持ちが入っていく」。右手中指にマメをつくり、20日の紅白戦を回避。だが全く心配なく、最速148キロを計測した。昨季の首位打者・吉田正を、3ボール1ストライクから直球で左飛。18日夜に大役を直接伝えた工藤監督も「順調だと思います」とひと安心した。

 石川とともにローテが確定し、開幕カードに投入される予定の高橋礼、和田もそれぞれ3回無失点、3回1失点と上々。21日に40歳を迎えた左腕は、登板後にブルペンで投球を追加するほど元気だ。千賀、東浜の両輪が出遅れても“新3本柱”でカバー。4年連続日本一の王者に大崩れの気配はない。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請