【オリックス】沢田圭佑が右肘痛で離脱…比嘉幹貴は下半身コンディション不良を発症

沢田圭佑
沢田圭佑
比嘉幹貴
比嘉幹貴

 オリックスの沢田圭佑投手(26)が右肘痛で離脱することが27日、分かった。昨季シーズン途中の9月に右肘内側側副じん帯の炎症と診断された右腕は、今キャンプは大阪・舞洲のC組で始動。16日から宮崎組に合流して順調な回復をみせてきたが、25日に登板したB組練習試合・火の国サラマンダーズ戦(清武第2)で再発したとみられる。

 また、同日の練習試合・西武戦(SOKKEN)に登板した比嘉幹貴投手(38)は下半身のコンディション不良を発症した。救援陣に欠かせない2投手だけに、状態が心配されるところだ。

沢田圭佑
比嘉幹貴
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請