【C大阪】大久保嘉人、中村憲剛氏から「まだまだやれよ」激励された…ちょっといい話

前半42分、ヘディングでJ1歴代最多得点記録を更新する先制ゴールを決めたC大阪・大久保(カメラ・二川 雅年)
前半42分、ヘディングでJ1歴代最多得点記録を更新する先制ゴールを決めたC大阪・大久保(カメラ・二川 雅年)

◆明治安田生命J1リーグ ▽第1節 C大阪2―0柏(27日・柏)

 明治安田生命J1リーグの開幕節8試合が行われ、C大阪に15年ぶりに復帰した元日本代表FW大久保嘉人(38)が前半42分に公式戦復帰1号となる先制ゴール。J1歴代最多得点記録を186に伸ばし、チームは柏を2―0で下して3年連続開幕戦で完封勝利を収めた。

 * * *

 公式戦復帰1号は、周囲の支えがあって生まれた。C大阪加入が決まると、川崎時代の同僚で、引退した元日本代表MF中村憲剛氏(40)からは「嘉人はまだまだやれよ」と激励された。出場機会が激減した昨季、一時期は引退へと気持ちが固まりかけた。中村氏から引退することを電話で告げられ、再び現役続行への意欲が芽生えた。自らを奮い立たせてくれた盟友のエールを力に変えた。

 莉瑛夫人と4人の息子の存在も大きい。大阪には単身赴任で、今は毎日のように電話でやり取りしているという。「(一緒にいる時は)子どもと毎日ワイワイうるさくして、それが良かったんだなと今は感じます。子どものためにももうちょっと頑張ろう、とはなるね」と大久保。愛する家族が原動力となっている。(種)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請