【オリックス】山本由伸が初の開幕投手に決定…Wエース・山岡との中5日ローテプランも

3回を無失点の好投をみせた山本。開幕に向け準備は万全だ(カメラ・石田 順平)
3回を無失点の好投をみせた山本。開幕に向け準備は万全だ(カメラ・石田 順平)
先発した山岡は3回を無失点の好投で笑顔を見せた
先発した山岡は3回を無失点の好投で笑顔を見せた

◆練習試合 オリックス1―0ソフトバンク=特別ルール=(27日・SOKKENスタジアム)

 オリックスの山本由伸投手(22)が3月26日の西武戦(メットライフ)で開幕投手を務めることが27日、決まった。練習試合・ソフトバンク戦(SOKKEN)の登板後、中嶋監督から通達されたと右腕が明かした。また開幕3戦目が濃厚な山岡とのWエース投入に加え、中5日でまわし“レオ、鷹、マー君斬り”を一気に狙う独自プランが浮上。開幕ダッシュを成功させて、25年ぶりのリーグ優勝を目指す。

 山本が新たな栄誉を手にした。今年初の対外試合は2番手で4回に登場。6回先頭の周東を遊飛に仕留めた直球は、なんと155キロを計測した。この時期ではあり得ないような剛球を軸に3回2安打無失点5奪三振。4年連続日本一の王者をあっさり封じて「いい感覚で投げられた。どんどん調子を上げていけるよう調整できれば」とうなずいた。

 登板後に中嶋監督から初の大役を伝えられた。「26日行くぞ、と言ってもらった。素直にうれしい。やってやるぞという気持ち。悪い流れを断ち切って、何としても勝ちたい」。昨季4戦で2勝1敗、防御率0・93と好相性のレオ退治に意欲十分。指揮官は「仕上がりという点で一番いいし、まわりも納得すると思う」と12年から9年続く開幕戦連敗阻止を託した。

 逆襲を狙う“中嶋流ローテ”も浮上した。もう1人のエース・山岡を開幕3戦目に配置する見込み。そこから通常より短い中5日のローテーションでフル回転させる開幕ダッシュプラン。昨年末に指揮官は「前半で走るんだったら、中5日で回すかもしれない」と構想を明かしていた。実現すれば、7年連続で負け越している2カード目の対ソフトバンク3戦目(4月1日・京セラD)に山本、続く楽天とのカード(楽天生命)ではチームが3勝17敗と苦戦中の田中将が先発する可能性の高い2戦目(同3日)に山岡をぶつけられる。

 中嶋監督はこの日の取材で「(開幕戦)9連敗といったところで(今年は)ゼロから。1つ負けたから(ダメ)じゃない。ただ最初に負けて“またか”とは思われたくないので、大事にしたい」と強調。今年こそスタートダッシュを成功させ、2年連続最下位から、12球団で最も遠ざかっている“V字V”へと突き進む。

3回を無失点の好投をみせた山本。開幕に向け準備は万全だ(カメラ・石田 順平)
先発した山岡は3回を無失点の好投で笑顔を見せた
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請