【日本ハム】栗山英樹監督4回零封の吉田輝星に「まとまっている感じはするけど…」

6回から登板の吉田輝星
6回から登板の吉田輝星

◆練習試合 DeNA3―3日本ハム(27日・名護)

 日本ハムの栗山英樹監督(59)が吉田輝星投手(20)にさらなるアピールを求めた。キャンプラスト実戦に臨んだ背番号18は、DeNA打線に対し6回から4イニングを投げ2安打無失点で3奪三振。栗山監督は、調子が悪い中でも試合中に修正した点は「尻上がりにボールが良くなっていたのは事実」と評価した。

 一方で内容については納得していない様子。「だいぶまとまってきている感じはするけど…。(先発で4回2安打無失点の)加藤と比べて、どっちが安定感あったかって考えれば見ていた通り。結果的に正面ついている打球も多いし、つかまっている打球も多い。ゼロに収まったってことに引っ張られないで。もっともっと良い形の内容で投げられるはず」と指揮官。吉田が目標とする開幕ローテーション入りには、まだまだアピールが必要になりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請