【DeNA】守護神候補筆頭の三嶋一輝「地に足着けてしっかり修正していきたい」…初登板で1回1失点

スポーツ報知
8回から4番手で登板した三嶋一輝

◆練習試合 日本ハム3―3DeNA(27日、タピックスタジアム名護)

 DeNAの三嶋一輝投手(30)が27日、練習試合の日本ハム戦(名護)に8回から4番手で登板。今季の対外試合初登板で、予定された1イニングを投げて、1安打1失点だった。

 先頭の王柏融は、フルカウントからスライダーで見逃し三振を奪った右腕。だが、松本剛に死球を与えると、けん制悪送球もあって2死二塁と得点圏に走者を背負い、浅間に適時二塁打を浴びて1点を失った。それでも最後は大田から見逃し三振を奪った。

 「力んでいた。死球とか、やっぱり浮いちゃいましたね。地に足着けてしっかり修正していきたい」と反省しきりだった三嶋。今後へ向けて「今日出た課題を次にやらないように、試合で投げていって出た課題をつぶしていければと思います」と前を向いていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請