23年ラグビーW杯日程発表 前回Vの南アはスコットランドと、NZは地元フランスと初戦

19年ラグビーW杯、ニュージーランド・南アフリカ戦(横浜国際競技場)
19年ラグビーW杯、ニュージーランド・南アフリカ戦(横浜国際競技場)

 2023年9月8日に開幕するラグビーW杯フランス大会の全48試合の日程と会場が26日、発表された。1次リーグ(L)A組で、開催国の世界ランク4位のフランスは、前回大会3位の世界ランク2位ニュージーランドとの初戦が決定。9月8日にパリ北郊サンドニの24年パリ夏季五輪のメインスタジアムでもあるスタッド・ド・フランスで開幕戦を迎える。

 19年大会で3度目の優勝を果たした世界ランク1位の南アフリカはB組1次L初戦で、9月10日に同8位のスコットランドとの開幕戦に臨む。

 日本と同じD組1次Lでは、前回大会準優勝の世界ランク3位・イングランドと同9位のアルゼンチンが初戦で激突。9月9日に南部マルセイユのスタッド・ロドロームで対戦する。

 今大会は選手の安全を守るため移動の時間や回数を最小限に抑え、中5日以上の試合間隔を確保し、1次Lの期間を1週間延長。ラグビー生誕200周年となる9月8日に開幕し、決勝は10月28日に、パリ北郊サンドニの24年パリ夏季五輪のメインスタジアムでもあるスタッド・ド・フランスで行う。

 選手の負担を軽減するため、各チームの登録メンバーはこれまでの31人から33人に増えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請