23年ラグビーW杯日程発表 日本は初戦で米大陸2位と対戦 イングランドとは第2戦で激突 最終戦はアルゼンチン

19年W杯準々決勝・南アフリカ戦を終えた日本代表フィフティーン
19年W杯準々決勝・南アフリカ戦を終えた日本代表フィフティーン

 2023年9月8日に開幕するラグビーW杯フランス大会の全48試合の日程と会場が26日、発表された。前回19年日本大会で史上初の8強入りを果たした世界ランク10位の日本代表は、D組1次リーグ(L)初戦で、米大陸2位チームとの対戦が決まった。

 予選で決まる米大陸2位は同18位のウルグアイが有力で、9月10日にフランス南西部トゥールーズのスタジアム・ド・トゥールーズで1次L初戦に臨む。

 第2戦は9月17日に南東部ニースのスタッド・リヴィエラで、前回大会準優勝で同3位のイングランドと戦う。第3戦は、オセアニア1位チーム(同13位トンガが有力)と9月28日にトゥールーズで対戦し、最終戦は同9位のアルゼンチンと10月8日に西部ナントのスタッド・ドゥ・ラ・ボジョワールで対戦する。

 【D組 日本代表の1次L日程=対戦チーム、対戦日、試合会場】

 ▽第1戦 米大陸2位(9月10日、トゥールーズ、スタジアム・ド・トゥールーズ)=ウルグアイ有力

 ▽第2戦 イングランド(9月17日、ニース、スタッド・リヴィエラ)

 ▽第3戦 オセアニア1位チーム(9月28日、トゥールーズ)=トンガ有力

 ▽最終戦 アルゼンチン(10月8日、ナント、スタッド・ドゥ・ラ・ボジョワール)

 今大会は選手の安全を守るため移動の時間や回数を最小限に抑え、中5日以上の試合間隔を確保し、1次Lの期間を1週間延長。ラグビー生誕200周年となる9月8日に開幕し、決勝は10月28日に、パリ北郊サンドニの24年パリ夏季五輪のメインスタジアムでもあるスタッド・ド・フランスで行う。選手の負担を軽減するため、各チームの登録メンバーはこれまでの31人から33人に増えた。

 ◆2019年日本大会の日本代表 開幕戦(9月20日)のロシア戦は松島幸太朗のハットトリックなどで30―10の快勝発進。第2戦でアイルランドを19―12で撃破し勢いに乗ると、サモア、スコットランドにも連勝し、初めて全勝で1次リーグを突破した。準々決勝はこの大会を制した南アフリカにノートライに封じられ、3―26で敗退した。

 ◆1次Lの順位決定方法 5チームの総当たりのリーグ戦で上位2チームが決勝トーナメントに進出。1次Lは勝ち点制で勝利4、引き分け2、負け0。4トライ以上で1、7点差以内の敗戦1がボーナスポイント(BP)として与えられる。勝ち点で並んだ場合〈1〉直接対決の結果〈2〉総得失点差〈3〉総得点〈4〉トライ数〈5〉世界ランクの順で優劣を決める。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請