【西武】高橋光成、開幕戦相手オリックスに2失点も「打者反応見れてよかった」

力投する高橋光成
力投する高橋光成

◆練習試合 オリックス4―4西武=特別ルール、7回降雨コールド=(25日・SOKKEN)

 今季の開幕投手に決定している西武・高橋光成投手(24)が今季初めて対外試合に先発。開幕戦で戦うオリックス打線に、予定通りの3回を投げ切り、5安打2失点で降板した。

 直球の最速は150キロをマークし、強気の投球を見せたが、初回2死から2本の二塁打を含む4連打で2失点と立ち上がりに不安を残した。それでも、最後は吉田正から149キロ直球で見逃し三振。2、3回はきっちりと無失点で切り抜け「ボールを投げて打者がどう反応するかを見れたので、よかった。もっと(球の)精度を上げていきたい」と収穫のマウンドとした。

 辻監督は「(対外試合初登板の)試運転でしっかり3回投げられたのでいい」とうなずいた。今季は長いイニングを投げることをテーマに挙げる7年目右腕。紅白戦ではブルペンで100球を投げてから登板するなど、試行錯誤でエース道を歩んでいる。初の大役へ「より実戦的に(仕上げて)いきたい」と開幕を見据えた。(森下 知玲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請