【巨人】練習試合で公式戦並み緊張感 大ピンチで小林誠司がタイム、戸根千明と満塁封じ

スポーツ報知
笑顔を見せる小林誠司

◆練習試合 巨人4―3中日(25日・那覇)

 巨人が接戦で勝利した。練習試合とはいえ、公式戦並みの緊張感があった。

 その象徴的な場面は同点の8回の守備だった。

 この回から巨人は左腕・戸根が登板。無死一塁から一塁線のゴロを一塁の高卒ドラフト5位ルーキー・秋広が後逸する“プロ初失策”で二、三塁となった。

 公式戦なら1点もやれない場面。戸根がギアを上げる。高松を変化球で空振り三振に抑え、続く阿部も変化球で空振り三振。ここで捕手の小林が球審にタイムを要求してマウンドに向かい、戸根に声をかけた。

 2死二、三塁で次打者は右の三ツ俣。一塁が空いている状況で初球からスイングを誘うようにボール球の変化球を続け、3ボールから外角に外して敬遠気味の四球で歩かせた。次打者は左の井領。戸根と井領の「左対左」や満塁で守りやすくなる点を考慮し、小林がマウンドに行った時に三ツ俣は歩かせてもいいとバッテリーで意思統一していたのだろう。井領は3球三振で満塁策は的中した。

 ただの3アウトではないと感じた。無失点でベンチに戻る際、エラーした秋広が戸根に「すみません」と謝り、戸根が「気にするな」と返しているように見えた。失点していれば秋広は責任を感じていたに違いない。それを戸根が救った。試合後、秋広は一塁守備の特守をたっぷり行い課題消化に努めていた。

 レギュラーや1軍入りが確定でない選手にとって、練習試合とはいえ貴重なアピールの舞台。戸根もそうだろう。大ピンチを抑えたことは自信になっただろうし、ルーキーの守備のミスをカバーした気迫の投球に原監督も「組み立ても考えながら一球一球、非常に意味のあるボールを放れていた」と高評価していた。

 改めて8回の場面を思い返すと、小林は阿部を三振に抑えてすぐ球審にタイムを要求していた。相手の打順も見ながら先を読み、阿部を抑えたら次はこう勝負していく、とプランを立てていたのだろう。ネット裏で見ていて、勝敗が大きく問われない練習試合であることを忘れさせるような、バッテリーの集中力や緊張感が伝わってきた。

 小林のリードに戸根が応えて新人のエラーをカバーする。野球は助け合いのチームスポーツであることが凝縮されたイニングだった。(巨人担当・片岡 優帆)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請