【中日】左腕から2安打の岡林勇希に与田監督「レベルアップした」

5回1死二塁、岡林勇希が適時打を放つ
5回1死二塁、岡林勇希が適時打を放つ

◇練習試合 巨人4―3中日(25日・那覇)

 中日の2年目・岡林勇希外野手(19)が巨人の高橋と戸根の左腕2人から安打を放ちアピールに成功した。同点の5回1死二塁で左前に一時勝ち越しの適時打を放つと、8回先頭でも再び左前に運んだ。

 成長著しい若手に与田監督も「バットコントロール、角度の使い方は去年から見ててうまいと思っていた。ヒットゾーンに運ぶバットの角度が分かっているのかな。アウトになっても非常に惜しいアウトが多い。レベルアップはよりしたのかな」と評価した。

 この日の那覇は強風が吹き荒れる中、中堅で7度の飛球を無失策で終えた。キャンプ中の練習試合では左翼にも入り出場機会アップを目指しているが、指揮官は「このところ左翼が多かったが、最終的には外野3つ全部守って欲しいと思っている。風への対応も良かった」。

 試合後は、北谷に戻り室内で打ち込んだ岡林は「前のクールで疲れもあったが打ち方が悪かった。今日、修正できていい形で打てたので良かった」と振り返った。

5回1死二塁、岡林勇希が適時打を放つ
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請