【DeNA】今永昇太が捕手座って初ブルペン「感無量」、「一喜一憂しないよう」

スポーツ報知
今永昇太

 DeNA・今永昇太投手(27)が2軍キャンプ最終日の25日、沖縄・嘉手納町でブルペン入りした。昨年10月に左肩の手術を受けたエース左腕は、術後初めて捕手に座ってもらって投球練習をした。中腰で10球、座って10球の計20球。当初の予定通りに復帰への計画は進んでいるようで「捕手を座らせての投球は手術前の昨年9月26日以来で感無量ですね。怪我明けの人に聞いても、投げられるようになってからのほうが長いと聞いています。山あり谷ありがたくさんあると思いますが、一喜一憂しないよう着実に前へ進んでいきたいです」とコメントした。

 3月26日に開幕を迎える今季。開幕ローテに入ることは絶望的で今永も「無理矢理(開幕に)合わせる必要は、この先のプロ野球人生を考えてもないのかなと思う」と冷静だ。順調に進めば3月上旬にはライブBPやシート打撃など実戦形式で登板する見込み。シーズン序盤にも復帰出来る可能性が高そうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請