【DeNA】初対外試合の宮崎敏郎が初打席安打「すごく速く感じました」

スポーツ報知
1回2死、右前打を放ち、永池恭男コーチ(左)とタッチを交わす宮崎敏郎

◆練習試合 楽天10―2DeNA(25日、宜野湾)

 DeNAの宮崎敏郎内野手(32)が25日、練習試合・楽天戦(宜野湾)で今季の対外試合初出場。「3番・一塁」でスタメン出場すると、初回の初打席で右前安打を放つなど2打数1安打だった。

 1打席目にいきなり岸の138キロをはじき返して結果を出した宮崎。初の対外試合出場を「すごく速く感じました。ボールを見ることもそうですけど、距離感とか投手との間合いを感じながら打席に入ろうと思っていた。自分の感覚と違うストライクゾーンとか高低を。1試合だけじゃ分からないが確認できたつもり。しっかりその中で自分のスイングはできたかなと思います」とうなずきながら振り返った。

 三浦大輔監督(47)もベテランの調整ぶりに「特に心配していないですけどね。去年もやってくれていますし、特に注文をつけることなく、いつも通りやってくれればいいかなと思っています」と全幅の信頼を口にしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請