白鵬、連日30番で平幕・阿武咲に20勝10敗…合同稽古が終了「来てよかったと思います」

阿武咲との稽古で充実の表情を浮かべる白鵬(代表撮影)
阿武咲との稽古で充実の表情を浮かべる白鵬(代表撮影)

 復活を期す大相撲春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向け、横綱・白鵬(35)=宮城野=は25日、合同稽古最終日に参加し、幕内・阿武咲(阿武松)と三番稽古を行い、計30番20勝10敗だった。

 横綱は「骨があるというか勢いがある若手の一人」と、阿武咲を指名した。押し自慢の相手に押し込まれ、笑顔を見せる場面もあり、「私の相撲勘もまだ鈍っている部分もある。私の失敗というところで上手く反応したというのが素晴らしいと思うんですけど。そこで自分に対して苦笑いだね」。前日の平幕・若隆景との三番稽古に続いて30番、精力的に稽古した。

 年明けの新型コロナ感染判明から順調な回復ぶりには「上出来だと思います」と笑顔。6日間行われた合同稽古には終盤2日間の参加となったが、「まあ稽古できると思わなかったんでね。やっぱり来てみて、環境を変えて雰囲気を味わったところで、やっぱり体が自然と温まってるうちに、『数番やろう!』となったわけですけど。来てよかったと思います」と充実感をにじませた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請