山田真貴子広報官、国会で「飲み会を断らない」の真意を「若い方々に仕事でいろんな人脈を作ることは、大変重要」

スポーツ報知
菅首相(ロイター)

 総務審議官時代に首相の長男ら利害関係者から1回で7万円を超える接待を受けた山田真貴子内閣広報官が25日、衆院予算委員会に参考人招致された。今回の問題で山田氏は、給与の自主返納を決めた。

 委員会で立憲民主党の黒岩宗洋議員から接待について問われた山田氏は「このたびは、私の総務省在職中の国家公務員倫理法違反にあたる行為で公務員の信用を損ねることになりまして深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 さらに、山田氏が昨年、若者向けの動画メッセージで「飲み会も断らない。断る人は2度と誘われません。私自身、飲み会を絶対に断らない女としてやってきました」と語ったことを受けて「私は飲み会を断らない女は、今も信念か」と問われた。

 この発言を山田氏は「若い方々にとって仕事の上でいろんな人脈を作ることは、大変重要と思ってそのように申し上げました」と述べた上で「私自身は、二度ほど大病もしておりますので最近、そういったことは、なかなか難しい状況でございます。そういう意味では、若い方に言っていることと私自身が今やっていることは、若干ズレがございますけども、そこはご容赦いただきたいと存じます」と述べた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請