聖火リレー「拍手で応援」「過度な密集は中断」…コロナ対策のガイドラインを発表

スポーツ報知
五輪マーク

 東京五輪組織委は聖火リレーのスタートを1か月後に控えた25日、新型コロナウイルス感染対策のガイドラインを発表した。

 「3密」の回避などを目的として、主に以下のような事項を呼びかけた。

 ・沿道での密集を避けるため、ランナーの走行の模様はインターネットのライブ中継での視聴

 ・著名人ランナーは密集対策が出来る場所を走行

 ・沿道、セレモニー会場ではマスク着用。大声ではなく拍手で応援

 ・セレブレーション(到着式)などセレモニー会場には事前予約制を導入

 ・過度な密集が発生した場合はリレーを中断する

 ・居住の都道府県以外での観覧は控える

 ・聖火ランナーは出番の2週間前からの体調管理チェックシートの記入を行い、会食はしないようにする

 3月25日に福島から聖火リレーはスタート。組織委の橋本聖子新会長は「新型コロナウイルス対策を万全に、安全最優先に進めることが大変重要と考えている。ガイドラインを作成し、ランナーの健康観察、スタッフの健康、行動管理の徹底はもちろん、沿道観客の密集の回避を行っていく。各都道府県において感染状況等が異なり、それぞれの事情を抱えている中できめ細かな対応が重要。各都道府県、市区町村、パートナーの皆様方の納得を頂きながら、日本全国に希望をつなぐリレーを実現したい」と意気込みを話した。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×