紀州、投打がっちりかみ合い5回コールド勝ちで3年ぶりの代表切符!…第51回春季全国大会和歌山県支部予選

全国大会出場を決め、喜ぶ紀州ナイン
全国大会出場を決め、喜ぶ紀州ナイン

◆第51回春季全国大会和歌山県支部予選 ◇中学生の部 ▽決勝 和歌山日高ボーイズ0ー7紀州ボーイズ=5回コールド=(21日・御坊総合運動公園野球場)

 「第51回春季全国大会」(報知新聞社など主催、3月26日開幕予定)の和歌山県支部予選は21日決勝が行われ、紀州ボーイズが5回コールド勝ち。投打ががっちりかみ合い、3年ぶりの代表切符を手に入れた。

 最後まで得点を許さなかった。7点リードの5回2死一、二塁。先発・高津は「(最後は)コールドは考えず、低めに集めようと思っていた」と内野ゴロに仕留めると、歓喜の紀州ナインがマウンドに押し寄せた。

 決勝前には「絶対初回に1点を取るぞ!」と気合いを入れた山西主将。宣言通り、自ら四球で出塁すると、敵失から先制ホームを踏んだ。2死後、堀田が「ちょっと緊張したが、気持ちよく打てた」と右中間へ2点二塁打。2回も4長短打で4点を追加した。

 投げては、予選初登板の先発・高津が「(金田に)つなげたらいいなと思った結果、完封できた」と2安打無失点。準決勝まで力投を続けたエース・金田を“温存”しながらも、和歌山の頂上決戦を制した。

 昨年の関西秋季大会支部予選では、まさかの初戦負け。以降、試合の入り方、好機での打撃面や走塁面を強化。それがローカル大会の連覇、そして3年ぶりの春の全国切符へつながった。「秋の予選で負けてからチームワークがよくなった。自分たちの野球をすれば絶対勝てると思っている」と山西。全国でも宣言通りに頂点に立つ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請