【DeNA】6自治体へ合計5210個のYDBギフトバッグ配布

DeNAが配布するYDBギフトバッグ(ナップサック・フェイスカバー・ミニタオルのセット)=球団提供
DeNAが配布するYDBギフトバッグ(ナップサック・フェイスカバー・ミニタオルのセット)=球団提供

 DeNAは24日、「横浜DeNAベイスターズ誕生10周年プロジェクト」の施策として、新潟県および沖縄県宜野湾市、嘉手納町、北中城村、山口県下関市、鹿児島県奄美市の全6自治体へ合計5210個のYDBギフトバッグ(ナップサック・フェイスカバー・ミニタオルのセット)を各自治体に所属の学童野球チーム(小学生対象)へ配布することを発表した。

 例年主催試合を開催している新潟県、1軍・ファームの春季キャンプ開催地である宜野湾市、嘉手納町、北中城村、球団創設の地である下関市、2010年から19年まで秋季キャンプ開催地であった奄美市の6自治体に賛同。新潟県4100個(227チーム)、沖縄県宜野湾市450個(14チーム)、沖縄県中頭郡嘉手納町100個(3チーム)、沖縄県中頭郡北中城村70個(2チーム)、山口県下関市300個(13チーム)、鹿児島県奄美市190個(6チーム)を配布する。各県出身選手のコメントは以下の通り。

■飯塚悟史選手(新潟県出身)

「今回お配りするYDBギフトバッグをたくさん使って、野球チームの皆さんの練習に役立ててもらえると嬉しいです。そして、横浜から地元の新潟の皆さんへ元気を与えることができるよう、今シーズンも頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

■平良拳太郎選手(沖縄県出身)

「毎年、春季キャンプでは地元である沖縄の地で練習ができることに感謝をしています。コロナ禍でなかなか思うような練習が難しい状況もあると思いますが、YDBギフトバックを使って体調に気をつけながら野球を楽しんでほしいです。僕たちと一緒に頑張っていきましょう」

■平田真吾選手(山口県出身)

「いつも応援していただきありがとうございます。YDBギフトバッグを使って、小学生野球チームの皆さんの練習へ少しでも力になれると嬉しいです。下関市、そして豊田町の皆さんの応援を胸に、今シーズンも戦っていきたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いします」

■大和選手(鹿児島県出身)

「例年、自主トレの時期では地元の鹿児島へ帰省して、キャンプに向けて調整をさせていただいています。大変な時期ではありますが、YDBギフトバッグを使って元気にスポーツを楽しんでください。2021年シーズンも応援をよろしくお願いいたします」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請