【侍女子】3月開催の女子W杯、コロナの影響で3度目の延期

マドンナジャパンの中島梨紗監督(カメラ・軍司 敦史)
マドンナジャパンの中島梨紗監督(カメラ・軍司 敦史)

 WBSC(世界野球ソフトボール連盟)は23日(日本時間24日)、3月にメキシコで開催予定だった第9回女子野球W杯と第4回U―15W杯を、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期すると発表した。詳しい開催時期については「年内に」としている。

 2大会は当初、昨年8~9月にメキシコ・ティフアナで開催予定だったが、世界的に新型コロナの感染状況が好転せず、2度延期していた。

 同連盟のフラッカリ会長は、この決定が苦しい決断だったとしつつも「関係する組織委員会や出場国の連盟チーム、当局と連係をとり、次の行動方針を決定したい」とコメントした。

 女子野球日本代表「マドンナジャパン」は女子野球W杯に6連覇中で、現在世界ランキング1位。中島梨紗監督は大会に向け、1月7日に最終登録の20人を発表し準備をすすめていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請