八村塁、自己最長9戦連続2桁10得点も敗戦 チームは4季ぶり6連勝ならず

八村塁(ロイター)
八村塁(ロイター)

 NBAでウィザーズに所属する八村塁(23)が23日(日本時間24日)、クリッパーズ戦に先発出場。36分29秒プレーし、自己最長の9戦連続2桁となる10得点、9リバウンド、2アシストだった。試合は116―135で敗れ、4季ぶりの6連勝とはならなかった。今季通算11勝18敗となった。

 八村は第1クオーター(Q)、ジャンプシュートやレイアップシュートを放つも決まらず。第2Q残り6分25秒に、ようやくドリブルからのジャンプシュートが決まり、初得点。終盤には右コーナーから3点シュートも決めた。チームは55―72で前半を折り返した。

 第3Qには、この日2本目となる3点シュート、またジャンプシュートも成功し、10得点。チームは94―99まで追い上げて、第4Qを迎えたが、最後は相手に突き放された。

 八村は前日のレイカーズ戦でスーパースター、レブロン・ジェームズとマッチアップし、この日は優勝2度を誇るカワイ・レナードと対戦。2日続けて、リーグトップのスター選手をマークした。

 次戦は25日(日本時間26日)にナゲッツと戦う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請