【オリックス】メジャー仕込みのスプリット披露 平野佳寿がフリー初登板で安打性ゼロ

フリー打撃に登板したオリックス・平野佳寿
フリー打撃に登板したオリックス・平野佳寿

 米大リーグ・マリナーズから4年ぶりに復帰したオリックスの平野佳寿投手(36)が24日、宮崎キャンプで初めてフリー打撃に登板した。

 最初の“対戦相手”はダイヤモンドバックス時代に同僚だったジョーンズ。来日2年目の助っ人砲は軌道を確認する自己流調整法で一度もスイングしなかったが、カーブやスプリットの変化球を確かめた。その後、伏見、後藤、大城はそれぞれ内外野への飛球。打者4人に計20球を投じて、安打性の当たりはなかった。

 平野は「バッターに球種を伝えないで投げて、反応がどうかを見た。真っすぐ、カーブ、スプリット。自分の中ではまだまだ全然ですけど、最初にどれだけ反応するのか」とあくまで調整のひとつと強調。NPB復帰で本格的に導入中のカーブについては「まだまだ、ものにできていない。でもそんなにカーブを投げると知らないと思うので、そこをうまくついていければ。でも、今日もストライクゾーンに投げられるところは投げられていたので」と手応えをにじませた。

 また、右打者のインコースにツーシームのように沈むボールも試投。「スプリット、フォークですね。向こう(メジャー)であっち気味に落ちるボールを投げていたので。あれだとファウルになったりするので、意図的に右打者の内、左打者の外に投げている感じ」とメジャー仕込みの落ち球を明かした。

 「(今日の収穫は)普通に投げられたということ。まだフォーム自体もバラバラなところがあるので、もうちょっとバッターに投げたり、ブルペンも続けていかないと。高山コーチには3月26日(の開幕)に合わせて、上げていってくれればいいと言われたので」と焦らず、徐々に上げていく様子。27日には練習試合・ソフトバンク戦(SOKKEN)で復帰後初の実戦登板を予定。「3人で終わることも大事だけど(NPBでの)シーズンが久しぶりになるのでポジティブに考えれば打たれても、どういう風に打たれるか。ピンチになるのも大事だと思う。そういう雰囲気を感じながら、やっていきたい」。ベテランらしく狙いを持って臨み、1つ1つ段階を上げていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請