【日本ハム】復活を目指す斎藤佑樹が栗山英樹監督の前でブルペン投球 変化球を交えて151球

ブルペンで投球練習する日本ハム・斎藤
ブルペンで投球練習する日本ハム・斎藤

 右肘靱帯(じんたい)断裂から復活を目指す日本ハムの斎藤佑樹投手(32)が24日、1軍キャンプ地の沖縄・名護のブルペンで151球を投じた。

 立った捕手を相手61球を投げた後、捕手に座ってもらい90球を投げた。前クールから変化球を解禁しており、120球目からはスライダー、フォーク、チェンジアップも織り交ぜ、最後の方は「今の状態でのマックスの力で投げています」と、130キロ近い直球を投げ込んだ。

 投球練習後には捕手の後ろ側で見ていた栗山監督と会話する場面もあった。練習後、斎藤は「肘の状態としてはスピードもちょっと上がってきているので、そういう意味では一歩前進ですかね」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請