蓮舫氏、ワクチン接種方針に「情報にバラツキがあり過ぎます」

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員(53)が24日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスのワクチン接種について1回接種は困難とした政府の方針に疑問を呈した。

 田村憲久厚生労働相(56)がこの日の閣議後記者会見で、米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンの「1回接種」を認めるべきだという意見について「2回打ちで薬事承認している。1回打ちを予防接種法にのっとってやるのは、制度上は難しいと今の時点では思う」との認識を表明したという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「2回なのか一回なのか」「ご高齢者の4月からの接種はどこまでずれ込むのか。その後の国民への接種はどういうスケジュールになるのか。そもそも、ワクチン確保が出来るのか」と様々に疑問を呈した上で「政府からの情報にバラツキがあり過ぎます。それで宣言解除で本当にいいのかですか」と厳しく続けていた。

 田村厚労相は2回打ちでの薬事承認について、1回接種によって発症予防効果が十分に出たとの確定的なデータがないことを理由に挙げている。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請