香取慎吾主演ドラマ「アノニマス」第5話視聴率は4・7% 前回から1ポイント減

香取慎吾
香取慎吾

 22日放送された俳優の香取慎吾(43)主演のテレビ東京系連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(月曜・午後10時)第5話の世帯平均視聴率が4・7%だったことが24日、分かった。

 初回は7・3%を記録し、月曜午後10時開始の同局ドラマbiz枠では歴代1位の数字で好発進。第2話は5・7%。第3話は6・0%。第4話は5・7%。今回は1ポイント減だった。

 香取にとって、2016年大みそかのSMAP解散以降初の地上波ドラマ。SNSの誹謗(ひぼう)中傷をテーマにしたサスペンスで、香取演じる元警視庁捜査1課刑事の万丞渉(ばんじょう・わたる)が新設の「指殺人対策室」で奮闘する。共演は関水渚、清水尋也、MEGUMI、勝村政信ら。香取自身が主題歌「Anonymous」を歌う。

 第5話は、指対室に、大人気動画配信者さわてぃ(橋本淳)から依頼が。SNSでの誹謗中傷が1か月前に突然増加し、ついに「死んで詫びろ」という脅迫が届き怖くなったという。その脅迫行為がさらされて大バッシングを浴びることになった星野秀一(萩原利久)は、現実世界はもちろん、ネットの世界でも居場所を失ってしまう。しかし、星野を知る司書の山名栞(鞘師里保)は星野のことをいい人だと言う。さわてぃも何かを隠しているようで…という展開だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請