【DeNA】佐野恵太「打った瞬間入るかなとは思った」49イニング目チーム1号

4回無死一、二塁、中越え3ランを放つ佐野
4回無死一、二塁、中越え3ランを放つ佐野

◆練習試合 阪神1―4DeNA(23日、宜野座)

 DeNAの佐野恵太外野手(26)が、対外試合6試合、49イニング目でチーム初アーチを放った。1点を追う4回無死一、二塁。小野の高め144キロ直球に反応すると、バックスクリーン右に3ランを運んだ。「打った瞬間入るかなとは思った」。チームが待ち望んだ完璧な一発だった。

 試合前の時点で対外試合は7打数1安打。悩んでいたが原点に返った。「ストレートに強いバッターだと思っている。力負けしないで捉えることを修正ポイントにして練習した」。22日には三嶋が打撃投手を務めて打席に入り、150キロ近い球を体感。「状態を上げていく上で大きな収穫になった」と快打につなげた。

 現時点でソト、オースティンの来日メドが立っていない。それでも4番として「外国人が合流できないから打線が弱くなると思われたくない」と自覚十分。三浦監督も「何も心配していないです」と信頼を寄せていた。(安藤 宏太)

〈PR〉今ならDAZNが2か月無料となるキャンペーン実施中!プロ野球練習試合やオープン戦を配信中

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請