【掛布論】西勇輝が離脱、代役にはあえて藤浪を推す

アップから完全別メニューの西勇輝(カメラ・渡辺 了文)
アップから完全別メニューの西勇輝(カメラ・渡辺 了文)

 阪神・西勇輝投手(30)が23日、ぜんそくの検査を受けるためキャンプ地の沖縄・宜野座を離れ、帰阪した。1月下旬の先乗り自主トレ中から、せきの症状に悩まされており、診断、治療を受けることになった。

 西勇の詳しい状態は分からないが、無理をさせる時期ではない。約1か月後の開幕投手の代役を検討しておく必要がある。左のエース格の高橋も離脱中で、代役候補は、実績なら西勇と並ぶ昨季チーム最多11勝の秋山、2年連続で規定投球回をクリアした青柳の名前が浮かぶ。だが、私はこの2人ではなく、あえて藤浪を推す。エース対決でも投げ勝てる藤浪のポテンシャルに賭ける手はある。

 秋山はこの日の投球も順調そのものだった。右打者へのシュートなど内外角に丁寧に投げ分け、テンポ良く、3回を1安打に抑えた。首脳陣が安心してマウンドに送り出せる投手だ。

 しかし、青柳もそうだが、打たせて取るタイプなだけに多少の失点の覚悟がいる。投球スタイルを考慮すると、エース同士の投げ合いは避けて、相手チームの2番手、3番手にぶつけて白星を重ねる方が得策だ。西勇の体調次第では、まずはチームの目標を勝率5割に据えるべき。本当の勝負は、来日時期が未定の新外国人などが加わり、戦う体制が整ってからでいい。

 藤浪は昨季、リリーフの経験を復活への足がかりとして、今年は野球人生を左右するほど大事なシーズンだ。初の大役が覚醒を促す可能性がある。(阪神レジェンド・テラー、スポーツ報知評論家)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請