【阪神】西勇輝が離脱、開幕不透明…ぜんそく検査&治療で帰阪、矢野監督は軽症強調

アップから完全別メニューの西勇輝(カメラ・渡辺 了文)
アップから完全別メニューの西勇輝(カメラ・渡辺 了文)

 阪神・西勇輝投手(30)が23日、ぜんそくの検査を受けるためキャンプ地の沖縄・宜野座を離れ、帰阪した。1月下旬の先乗り自主トレ中から、せきの症状に悩まされており、診断、治療を受けることになった。

 2年連続で開幕投手を務めるはずのエースが消えた。別メニューで動いていたこの日、昼頃にひっそりと沖縄・宜野座を離れたもようだ。矢野監督は「一度帰って様子を見るというか。それ(開幕への影響)はもうちょっと進んでみないと分からないけど、全然駄目とかそんなことではないんでね」と軽症を強調しつつも、不透明な見通しを明かした。金村投手コーチは「大ごとじゃないうちに手を打った感じ」と説明した。

 西勇は前日(22日)に4日ぶりにブルペン入りし、18球を投げ込んだが、今キャンプは縦じま移籍後の過去2年と比べ、投げ込み量も減っている。これで今季初登板の予定だった2月27日の中日戦(北谷)の登板も白紙となり、今季初実戦は3月にずれ込む見込み。首脳陣の信頼は揺らがないが、調整に影響が出る可能性は否定できない。

 矢野監督は「ボールも投げられているし、いつもと比べて球数が少ないということもない。(原因を)探して、抑えることができて1年間、勇輝らしくやってもらいたい」と祈るように話した。すでに高橋が右脇腹痛で離脱し、新外国人のアルカンタラの来日時期も未定。西勇まで出遅れれば、開幕投手どころかローテ編成にも支障が出る。

〈PR〉今ならDAZNが2か月無料となるキャンペーン実施中!プロ野球練習試合やオープン戦を配信中

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請