【川相昌弘Point】巨人・秋広優人、阪神の佐藤輝明と同じセンス 高卒ルーキーとは思えない

4回無死、秋広優人が左中間に二塁打を放つ(カメラ・橋口 真)
4回無死、秋広優人が左中間に二塁打を放つ(カメラ・橋口 真)

◆練習試合 ヤクルト5―10巨人(23日・浦添)

 巨人のドラフト5位ルーキー・秋広優人内野手(18)=二松学舎大付高=が23日の練習試合・ヤクルト戦(浦添)に「8番・一塁」で先発出場。プロ初長打、対外試合初適時打を含む2本の二塁打をマークした。これまで対外試合3試合で9打数1安打と、1軍レベル相手に苦戦していたが、原監督の助言で打撃フォームを微調整して一気に壁を突き破った。結果を残し続ければ、球団では59年の王貞治以来、62年ぶりとなる高卒新人の開幕スタメンも現実味を帯びてくる。

 * * *

 秋広は投手への対応能力が素晴らしい。タイミングを合わせるのがうまいので、左中間の深いところまで飛ばせるし打球が伸びる。素直にバットが出ている印象で、とても高卒ルーキーとは思えない。

 構えている感じやスローイングでのボールさばきを見ると、肘から先の使い方に柔軟性がある。私は22日まで阪神の臨時守備コーチをしていたが、新人の佐藤輝も守備での身のこなしが良く、打席では対応力が光っていた。一言で言えばセンス。大卒と高卒の違いはあるが、2人には共通点が感じられる。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請