ダフト・パンク結成28年で解散 フランス発ダンスミュージックの先駆け 14年米グラミー賞最優秀レコード賞

解散を発表したダフト・パンクのトーマ(右)とギ=マニュエル(ロイター)
解散を発表したダフト・パンクのトーマ(右)とギ=マニュエル(ロイター)
解散を発表したダフト・パンクのトーマ(右)とギ=マニュエル(ロイター)
解散を発表したダフト・パンクのトーマ(右)とギ=マニュエル(ロイター)

 「ワン・モア・タイム」や「ゲット・ラッキー」などの世界的ヒット曲や、トレードマークのヘルメット姿で知られるフランスのダンスミュージックの人気デュオ「ダフト・パンク」が22日、ユーチューブで公表したビデオで解散を発表した。2000年代初めには漫画家の松本零士さんがミュージックビデオを手掛け、話題となった。

 ダフト・パンクはトーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オ・メン=クリストが1993年にパリで結成。常にロボットのようなヘルメットで登場し顔を見せないなど、謎めいたイメージを保った。ユーチューブで22日発表したビデオは「エピローグ」と題された。1人が「ダフト・パンク」と記されたジャケットを脱いだ上、もう1人に時限爆弾をスタートさせ、爆発でこなごなになるという内容。関係者はフランスのメディアに解散を確認した。

 「フレンチタッチ」と呼ばれるフランス発のダンスミュージックの先駆け的存在で、14年にはファレル・ウィリアムズ、ナイル・ロジャースと共演した「ゲット・ラッキー」で米グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞した。

解散を発表したダフト・パンクのトーマ(右)とギ=マニュエル(ロイター)
解散を発表したダフト・パンクのトーマ(右)とギ=マニュエル(ロイター)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請