【巨人】桑田真澄投手チーフコーチ補佐、コーチ就任後初の打撃投手「もうちょっと精度は良くなると思うよ。まだ7割ぐらいの出来です」

キャンプで初めて打撃投手を務めた桑田投手チーフコーチ補佐
キャンプで初めて打撃投手を務めた桑田投手チーフコーチ補佐
桑田コーチと“対戦”した丸
桑田コーチと“対戦”した丸

 巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が23日、打撃投手を務めた。コーチ就任後“初登板”。現役時代と変わらぬしなやかなフォームで丸を相手に56球を投げた。ボール球はわずか10球と持ち前の制球力も健在だった。「レギュラークラスの調子を崩したくなくてちょっと不安になったけど、一流のバッターに投げられたのは僕もうれしかったです」と笑顔を見せた。

 始まりは突然だった。セルラースタジアム那覇で行われた残留練習。居残り特打中に桑田コーチが外野でボール拾いをしていると、打撃投手をしていた石井コーチが「桑田さんは?」と突然の“ご指名”に応えた。約2年ぶりの投球で本人としては「まだまだ」という出来だったようだが、打席に立った丸は「めちゃくちゃ球に力があってさされた」と驚きの声を上げた。

 宮崎キャンプの時から「頼まれれば」と打撃投手へ向けキャッチボールやランニングなどで体力作りに励んでいた。今後も依頼されれば喜んで引き受けるつもりだ。「もうちょっと精度は良くなると思うよ。まだ7割ぐらいの出来です」と“パワーアップ”を宣言した。

〈PR〉今ならDAZNが2か月無料となるキャンペーン実施中!プロ野球練習試合やオープン戦を配信中

キャンプで初めて打撃投手を務めた桑田投手チーフコーチ補佐
桑田コーチと“対戦”した丸
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請