長澤まさみ、史上初2年連続主演女優賞「宝くじに当たったような感じ」…ブルーリボン賞

常に新しい目標に向けて演技に磨きをかける長澤まさみ(カメラ・清水 武)
常に新しい目標に向けて演技に磨きをかける長澤まさみ(カメラ・清水 武)
第63回ブルーリボン賞 受賞者と作品
第63回ブルーリボン賞 受賞者と作品

 東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第63回(2020年度)ブルーリボン賞」が23日、決まった。女優・長澤まさみ(33)が、「MOTHER マザー」(大森立嗣監督)と「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督)で史上初の2年連続主演女優賞の快挙を達成。主演男優賞には「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)の元SMAP・草なぎ剛(46)が輝いた。授賞式は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。

 史上初の快挙にも、長澤は謙虚な姿勢を崩さなかった。「宝くじに当たったような感じ。実感が湧かないです。ジワジワとこれから喜びがくると思います」。昨年のデビュー20周年のメモリアル受賞から1年。「人間として幅や厚みが出た1年となりました。これからも一生懸命お芝居をしていきたい。必死です」と目を細めた。

 実際にあった少年による祖父母殺害事件に着想を得た「MOTHER―」で新境地を開いた。男たちと行きずりの関係を持つ自堕落な母親役。全く共感できなかったというが「こういう役が回ってくることが自分の中では成長でした」。事務所の先輩で3児の母でもある女優・斉藤由貴(54)から「母親も初めて経験することの連続。それを忘れないで」と助言をもらい「心強い言葉になりました」。1か月の撮影期間でシーンごとに体重を増減させるなど、外見作りからも役の感情をすくい取っていった。

 難役をものともしない柔軟性は、「コンフィデンスマン」シリーズで培った。天才的な頭脳と予測不能な発想でターゲットを手玉に取る詐欺師・ダー子役を18年のドラマ版から演じ続け、22年には続編「―英雄編」の公開も決まっている。「詐欺師の技が生きている。ダー子でいろんな役を劇中で演じ、そのひとつひとつが糧になってます」

 コロナ禍で映画公開の延期が相次ぐ中、2作品とも上映にこぎつけた。「―プリンセス編」は20年度の興行収入ランキングで3位の38・4億円を記録、前作「―ロマンス編」(19年)から約10億円上回った。長澤は「本当にありがたいです。恵まれていますよね。これからもお客さんのために頑張ります」と感謝した。

 主演賞受賞者は、翌年の授賞式で司会を務めることになっている。今年はコロナ禍の影響で授賞式は行われないが「ちょっと安心しました。司会はプレッシャーだったので」。来年度の司会は「草ナギさんなら安心ですね!」と頼る気満々で、ダー子のようないたずらっぽい笑みを浮かべていた。(増田 寛)

常に新しい目標に向けて演技に磨きをかける長澤まさみ(カメラ・清水 武)
第63回ブルーリボン賞 受賞者と作品
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請