上野公園で片側通行規制に「逆にショッピングモールに人集まる」利用者は不満顔

東京・上野公園に設置された片側通行を呼び掛ける看板
東京・上野公園に設置された片側通行を呼び掛ける看板

 東京都は23日、新型コロナウイルス感染防止のため上野公園(台東区)と葛西臨海公園(江戸川区)の一部通路を片側通行とし、混雑を緩和する対策を始めた。

 例年花見シーズンに多くの人が訪れる上野公園さくら通りでは、23日から緊急事態宣言期限の来月7日まで通路中央にコーン標識などが約500メートルにわたり設置される。マスク姿の利用客が右側一方通行で歩行する中、一部開花した桜を撮影するため立ち止まる人や、逆行してジョギングする人の姿もあった。

 この日、同公園を家族4人で訪れた台東区在住30代男性は「片側通行は人とすれ違う時に接触する危険が少なそうで安心できる。子供を少し遊ばせたら帰るつもりです」と話した。文京区在住60代女性は「屋外だしマスクをして散歩する分には問題ないと思う。公園まで規制すると逆にショッピングモールとかに人が集まりそうで、あまり共感できない」と不満を漏らした。

 都は、23日から都立公園駐車場の利用を3時間以内とするよう要請し、27日からは全都立公園の駐車場や野球場などの運動施設利用を中止する。また、時短営業を行わない飲食店に要請に応じるよう書面で通達するなどして対策を強化する。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請