若隆景、現在も「息切れある」コロナ陽性初場所全休「やはりすごく怖い病気」

合同稽古で汗を流す若隆景(代表撮影)
合同稽古で汗を流す若隆景(代表撮影)

 昨年末に新型コロナウイルスに感染して大相撲初場所を全休した幕内・若隆景(26)=荒汐=が23日、自らの闘病を振り返った。この日は春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向けた合同稽古に初参加。関取衆の申し合いでは12番。「息切れとか、息苦しさっていうか、そういうのは若干、やっぱりあるのかな」と、まだ万全ではない様子だった。

 部屋では計12人が感染。自身は昨年12月30日夜にけん怠感を感じ、翌日に発熱。「全身痛くて、寒気もすごくて。薬を飲んで(熱は)落ち着いたりするが、すぐ40度近くまで上がったりとか」と明かした。熱は3~4日で収まったが味覚、嗅覚の異常は2週間以上続いたという。「やはりすごく怖い病気、ウイルスだなと思った」と話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請