成田凌、阿部サダヲを目標に「脱カメレオン俳優目指す」…ブルーリボン賞助演男優賞

「次は宇宙人の役をやりたい」と話した成田凌
「次は宇宙人の役をやりたい」と話した成田凌
第63回ブルーリボン賞 受賞者と作品
第63回ブルーリボン賞 受賞者と作品

 東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第63回(2020年度)ブルーリボン賞」が23日、決まった。女優・長澤まさみ(33)が、「MOTHER マザー」(大森立嗣監督)と「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督)で史上初の2年連続主演女優賞の快挙を達成。主演男優賞には「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)の元SMAP・草なぎ剛(46)が輝いた。授賞式は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。

 19年に第44回報知映画賞でも助演男優賞に選ばれたが俳優・成田凌(27)は、ブルーリボンでは初めて助演男優賞。喜びよりも真っ先に感謝の言葉が飛び出した。「まずは作品に携わった方々にありがとうと言いたい。みなさんの代わりにいただいた賞だと思います。映画は主演より助演の方が多いので、そこで選ばれたのはやっぱりうれしい」と喜んだ。

 「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(中田秀夫監督)のエキセントリックな殺人鬼役、「糸」(瀬々敬久監督)では一般的な田舎の若者、「窮鼠はチーズの夢を見る」(行定勲監督)で同性愛者役を好演した。

 「スマホ―」は2018年以来の続編となった。「ホームに帰ってきた感覚。エキセントリックな殺人鬼役をやり過ぎてもひかれる。でも、一生懸命演じれば演じるほど怖く面白い役になる。そう感じました」。一方、「糸」では田舎に生きる素朴な青年を演じた。苦手な歌唱も見所の一つで「とにかく気持ちが伝わるようにと頑張って歌いました」。

 「窮鼠―」は主演の関ジャニ∞・大倉忠義(35)とのベッドシーンもある。「ピュアに相手を思う気持ちは同じ。男同士のラブシーンは、気を使うことがなくて、女性とやるよりもやりやすかったです」。行定監督から細かなレクチャーもあり、「ラブシーンはかなりテイクを重ねました。ラブシーンはアクションシーンです」と出来栄えに胸を張った。

 難役を何通りもこなす、まさに“カメレオン俳優”の活躍だが、成田は納得していない。目標は17年に主演男優賞を獲得した阿部サダヲ(50)。「場面に出てきたらお客さんが前のめりになるような、自分が役を引っ張って行くような俳優になりたい。脱カメレオンを目指します」と一皮むけることを誓った。

「次は宇宙人の役をやりたい」と話した成田凌
第63回ブルーリボン賞 受賞者と作品
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請