藤沢五月、膝上スカートスタイルで初戦白星「ストレッチがあって動きやすい。調子良い」

ストーンを投げる藤沢五月(右)と山口剛史(提供:JCA IDE)
ストーンを投げる藤沢五月(右)と山口剛史(提供:JCA IDE)

◆全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権 第1日(23日、青森みちぎんドリームスタジアム)

 1次リーグ(L)が行われ、2年ぶり優勝で22年北京五輪への道をつなげたいロコ・ソラーレの藤沢五月(29)、SC軽井沢クの山口剛史(36)組は、初戦でチーム北村を9―1で破り、白星発進を決めた。今大会、優勝すれば北京五輪の日本代表決定戦に進むことができる。

 藤沢、山口組は第1エンド(E)から3点を奪うと、第5Eまで連続得点し、圧勝。相手をギブアップに追い込んだ。藤沢は「第1試合にしてはいいショット、いい展開で(試合を)持って行けた。良い形で入れたんじゃないかなと思います」と安堵(あんど)し、山口も「(試合前に)コミュニケーションをしっかり取りながらやろうと話していた。少し小さいミスもあったが、それができたのは良かった」と、振り返った。

 今大会、藤沢はカーリングでは珍しい膝上丈のスカートスタイルのユニホームを着用。初戦を終えて「スカートはストレッチがあって動きやすい。調子良いです」と笑顔で話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請