【中日】清水達也、4回2失点「反省の方が多い」鈴木誠&堂林に被弾…2試合で計3発

先発し4回2失点の内容だった清水達也
先発し4回2失点の内容だった清水達也

◇練習試合 中日0―4広島(23日・北谷)

 先発した中日・清水達也投手(21)は4回2失点も2被弾に猛省した。

 初回2死から広島の3番・鈴木誠に右翼席に特大のソロを献上。さらに4回2死から堂林には中堅へソロを浴びた。18日の巨人との練習試合(那覇)も含めると2試合で3被弾。開幕ローテ入りを目指す4年目右腕は「いい部分も、悪い部分もあったが、どちらかというと反省の方が多い」と振り返った。

 2回には一塁走者・堂林をけん制で刺すなど、随所に素質の高さをみせた。収穫は「自分の有利なカウントを作れば、打たれることはなかった。広島はほぼフルメンバー。この時期に対戦できたこと、打たれた経験は糧にしないといけない」と前を向いた。

 かねてから与田監督も清水の成長を認めており「今年はボールも強くなっているし、あとは制球力。今日はボールがはっきりしすぎていた。鈴木誠はさすが球界のスラッガーという打撃だった」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請