プレミアリーグ、最終戦で観客1万人に戻す 英首相が発表

ウェンブリー・スタジアム〈ロイター)
ウェンブリー・スタジアム〈ロイター)

 1月4日からイングランドとスコットランドで全国的なロックダウンが実施され、無観客が続くプレミアリーグのスタジアムに観客が戻ってくることが明らかになった。

 BBCをはじめ、英メディアが一斉に報じたところによると、2月22日午後8時にジョンソン英首相がテレビでロックダウン緩和について発表。今後のワクチン接種の効果や感染者数の低下、そして4月25日にウェンブリー・スタジアムで予定されているリーグ杯決勝を”観客復帰のテストマッチとして成功すること”が条件となるが、5月17日より、観客の収容が許されることになった。

 プレミアの最終戦は5月23日。首相は「1万人以下、もしくはスタジアムの収容可能人数の25%」と観客数の上限を発表しており、大型スタジアムが揃ったプレミアリーグの最終節には1万人のファンが詰めかけることになりそうだ。

 また昨年は第2時世界大戦以来の中止となったウィンブルドンも6月28日から7月11日の予定で開催され、F1イギリスGPもシルバーストーンで7月18日に開催される。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請