橋下徹氏、菅首相長男の接待問題で官僚に怒り「民間の人とお酒を飲みながら話をするというのは政治家の役割です」

橋下徹氏
橋下徹氏

 23日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、菅義偉首相(72)の長男が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、既に判明している幹部4人以外に9人、計13人の総務省職員が計39件の接待を受けていたことを報じた。13人の中には、山田真貴子内閣広報官が含まれている。

 コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)は割り勘での会食は許される点に触れ、「割り勘の会食でも僕は接待だと思います。倫理規定の何が問題かと言うと、利害関係者とも割り勘にすれば、夜、食事してお酒が飲めること。ここがそもそもおかしい」と問題提起。

 「民間の人とお酒を飲みながら話をするというのは政治家の役割です。(今回、接待を受けたのは)選挙で首を切られるわけではない身分保障のある公務員なんですから…。公務員の人たちが民間の話を聞いて、感覚を得るというのは重要なんですけど、それはお酒を飲む場でなく、役所の中できちんとルールに基づいてやればいい」とし、「公務員の人は『それじゃ本音の話が聞けない』とか言うんですけど、それなら政治家になりなさいってことです。政治と行政はきちんと区分けをしていくべきと僕は思うけど、今の国会でいろいろしゃべっている人たちはそういう感覚じゃないんです」と続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請