八村塁、8戦連続2桁15得点 延長でレイカーズ下す大金星で約3年ぶり5連勝 第4Qに八村のダンクで勝ち越し

レブロン・ジェームズと八村(ロイター)
レブロン・ジェームズと八村(ロイター)

 NBAでウィザーズに所属する八村塁(23)が22日(日本時間23日)、レイカーズ戦に先発出場。37分14秒プレーし、自己最長タイの8戦連続2桁となる15得点、6リバウンドだった。試合は115―115で終了し延長戦で、127―124で勝利。チームは2018年2月5日以来、約3年ぶりの5連勝となった。

 八村は第1クオーター(Q)、フリースローで初得点。第2Qには、ゴール下などで得点を挙げ、残り1分26秒には、レイカーズのスーパースター、レブロン・ジェームズのシュートミスを拾って、ドリブルで駆け上がりレイアップシュートに成功。前半は49―63で折り返した。

 後半に入ると、徐々にウィザーズが追い上げる。残り7分12秒にフリースローライン付近から八村のジャンプシュートが決まり、10点差に。その後もウエストブルックのシュートなどで点差を詰め、6点ビハインドで最終Qに入った。

 第4Q、ウィザーズは94―94と同点に追いつくと、残り6分46秒に速攻から八村の豪快ダンクで勝ち越しに成功。その後のフリースローも決めて、3点差のリードを奪った。八村は106―105と1点差にされた2分36秒に3点シュートも決め、リードを広げた。114―111の残り約30秒には、八村が3点シュートを狙ったジェームズをしっかりマークし、守り切った。しかし、残り9・8秒に115―115の同点となり、延長戦に突入した。

 5分間の延長は終始、ウィザーズのリードで進み、最後まで逃げ切った。今季通算11勝17敗となった。

 次戦は23日(日本時間24日)にクリッパーズと戦う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請