鶴竜、合同稽古4日目は相撲を取らず「ちょっと風邪気味。めちゃくちゃセキが出る」

合同稽古で汗を流す横綱・鶴竜(代表撮影)
合同稽古で汗を流す横綱・鶴竜(代表撮影)

 大相撲春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向けた合同稽古は23日、両国国技館内の相撲教習所で4日目を迎えた。4場所連続休場中の横綱・鶴竜(35)=陸奥=は、幕内・阿武咲(阿武松)ら関取衆にぶつかり稽古で胸を出すなどして相撲は取らなかった。稽古後の代表取材では、「体を慣らしたいというのがあったんで、昨日もそうだったけどね。自分の当たりはいいんだけど、相手の当たりを受けたときにね、体がどう反応できるようにという」と話した。

 この日は、前日まで参加していた大関・朝乃山(高砂)、小結の高安(田子ノ浦)と御嶽海(出羽海)らが欠席し、関取衆は計8人。「朝乃山がいたら取ろうかなと思っていたけどね。ちょっとねえ、人がいないですね…」と苦笑い。先場所の休場要因となった腰の具合については「確実によくなってますけど。もっともっとケアして良くしていきたいです」と良好をアピールした。

 この日は何度かせき込む場面が見られた。他にも鼻詰まりなどの症状があり、横綱は「ちょっと風邪気味なんですよね。早く治したい。めちゃくちゃセキが出る。PCR(検査を)やって何もないから普通の風邪だと思う」と説明。「ぜん息の可能性? もしかしたら、前に一回言われたことあるからそれもあるかな。もう一回病院に行こうかと思ってます」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請